たべ新聞

0

健康のレシピ

【食品の成分表示】薄口醤油 vs. 濃口醬油

2021.03.22

皆さんこんにちは  ミキ薬局の管理栄養士 畠山です

 

料理は、盛り付けの彩りが大切です。

特に和食の場合、味噌や醤油など色が濃い調味料の利用が多く

色あいに大きく影響しがちです。

調味料の中でも醤油は、繊細な風味や色彩が追求される調理に使用する機会が多いため

目的別にさまざまな種類が開発されました。

薄口醤油や濃口醬油、白醤油やたまり醤油、刺身醤油など・・・。

特に代表的な濃口醬油と薄口醤油は、色調の濃さによる名前です。

 

汁物やおひたしなど、あまり濃い色をつけず食材の色調を見せたいときなどに

薄い色あいの薄口醤油が重宝です。

塩と組み合せて、少量を仕上げの香りづけに用いることが多いです。

 

その反面、濃口醬油よりも薄口醤油の方が、塩分が多く含まれます。

同じ100g当たりの塩分相当量を比較すると、濃口醤油は14.5 g

                      薄口醤油は16.0 g です。

1日に利用する機会が多い調味料です。

塵も積もれば・・・、要注意です。

 (なお、昨今は薄口・濃口、いずれも『減塩タイプ』が製造され、流通しています。)

 

なお、出汁の旨味を調味料と組み合せることで、塩分控え目でも風味に十分な満足感が得られます。

昆布やカツオ、煮干しや貝、椎茸やゴボウ、魚や鶏や野菜など、さまざまな素材から、

旨味を引き出し美味しく味わいましょう。

 

ヒトは、濃い味にはどんどん慣れてしまいがちです。

いつまでも健康に、楽しく料理を味わうために、

これからも調味料と上手に付き合ってゆきましょう。

 

 

健康のレシピ

2021.05.28健康のレシピ
塩分補給と減塩
2021.05.20健康のレシピ
鉄の吸収率アップ!(牡蠣とレモン)
2021.05.07健康のレシピ
食べ物の栄養量は減る?
2021.05.07健康のレシピ
体に良いアブラはたっぷり摂った方が良い?
2021.05.06健康のレシピ
運動をする最適なタイミングは?
2021.04.30健康のレシピ
夕食がどうしても就寝直前になる!方への提案
2021.04.30健康のレシピ
夕食を軽くするため、米飯は抜いた方が良い?
2021.04.28健康のレシピ
肉(魚)が嫌い。代わりに魚(肉)を食べても良い?
2021.04.26健康のレシピ
食べてすぐ寝ると牛になる?
2021.04.23健康のレシピ
〇〇は何個食べても良い?
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養