たべ新聞

0

健康のレシピ

夕食がどうしても就寝直前になる!方への提案

2021.04.30

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

Q.『体重を減らしたい・血糖値や血中脂質の値を改善したい』 という方には

A.『夕食の時間を早めに、内容を軽めにしましょう』  とお薦めしています。

そのココロは、

就寝までの時間に、少しでも夕食で摂った糖質や脂質からのエネルギーを消費し、体内に備蓄する量を減らして頂きたいからです。

時間に余裕が有り、夜の外出に治安や健康上のリスクが無ければ、夕食後の散歩もお薦めです。

 

けれども、勤務シフトや通勤時間、帰宅後の家事といった諸事情により

夕食を就寝1~2時間前に摂らざるを得ない、という方もいらっしゃいます。

その場合・・・もし可能であれば、

現在の夕食の1食分の量を、前・後2回に分けて摂る方法を提案します。

①前半:主食(ごはん・パン・麺)や主菜(肉・魚・卵・大豆製品など主要なおかず)

    先に食べます

    例えば帰宅前、職場の休憩時間などに、おにぎりやサンドイッチなどの軽食で

     これらの主要なエネルギー源となる食品を摂ります

②後半:帰宅後に、副菜(汁物や煮物、お浸し、サラダなどの付け合わせとなるおかず)を食べます

 

で、就寝までの間に摂取したエネルギーを消費できる時間が増えます。

で、就寝直前の食事はエネルギー量の少ない軽い内容になります。

これにより、余剰エネルギーの体内の備蓄を抑え、体重や血中の糖・脂質の増加に対する対策ができます。

さらに、就寝中の消化活動による内臓への負担を軽減し、睡眠の質の向上も期待できます。

 

他にも、夕食のメニューの下処理や作り置きをするなど、

あなたにとって、もっと現実的な方法が有るかもしれません。

ご自身やご家族が無理なく続けられることがポイントです!

ゴールデンウイークの期間を活用し、継続の可能なプランを練ってみませんか?

 

          *例えば血糖値を調整するお薬のように

           服薬の時間や量を、食事の時間や内容によって調整する必要がある方は

           予め主治医に確認をして下さい

                 

健康のレシピ

2022.10.29健康のレシピ
【皮膚と栄養】285 ちょっと寄り道 『分子調理』 
2022.09.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】アマニを食べよう!
2022.07.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】おいしくカロリー計算
2022.05.24健康のレシピ
【養命酒製造の黒酢レシピ】黒酢サバ大根
2022.05.06健康のレシピ
【健康のレシピ】ドライプルーン
2022.04.27健康のレシピ
【健康のレシピ】酵素
2022.04.25健康のレシピ
【健康のレシピ】宅配弁当
2022.04.21健康のレシピ
【健康のレシピ】ショウガ(生姜)
2022.04.20健康のレシピ
【健康のレシピ】酢・柑橘果汁
2022.04.18健康のレシピ
【健康のレシピ】低エネルギー甘味料
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養