たべ新聞

0

健康のレシピ

運動をする最適なタイミングは?

2021.05.06

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です。

屋外での活動に最適な季節となりました。

三密を避けつつ、のびのびと運動したいですね。

安全に、効果的に実施するためには、タイミングがとても重要になります。

 

★早朝は要注意!

・起床食後は、1日の中で血圧が高い時間帯です

 (自律神経が睡眠→活動モードに切替えるエンジンをかけている時間帯です)

・前日夕食で摂った糖質エネルギーの備蓄がすでに枯渇しています

 (糖〈ブドウ糖〉は、全身の機能を司る脳が唯一使用できるエネルギー源です)

・睡眠中にコップ1~2杯分の水分が失われ、その分血液が濃い状態になっています

・睡眠中に体温が低下しています。

このため、朝食でエネルギーや水分を補い、ウォーミングアップを済ませてから運動しましょう。

筋肉・腱・関節はウォーミングアップで血流を促し、あたため

 酸素・水分・エネルギー源の供給をしておくことで、ケガ・故障を予防することが出来ます)          

 

★食後の運動でエネルギー消費を促進!

食後に運動することで、食事から摂ったエネルギーを効率的に消費出来ます。

反対に運動後に食事をし、食後安静状態のままで居ると、食事から摂ったエネルギーの消費機会が

少なく、余剰エネルギーが体内に蓄積され易くなります。

また、空腹時の運動はエネルギー消費は節約モードになり易いですが

食後、体温が上昇した状態で運動すると、エネルギーはより消費・発散し易くなります。

 (食直後20~30分程度は消化活動を優先して激しい運動は避けましょう)

 

★お休み前の強い運動は要注意!

就寝直前に筋力トレーニングなどの負荷の強い運動や、息が上がるような激しい運動をすると

交感神経が興奮し、副交感神経の働きによるリラックスモードが妨げられます。

このため寝付きが悪くなったり眠りが浅くなるなど、睡眠の質の低下や睡眠不足を招き易くなります。

睡眠の不足や質の低下は、疲労の回復を妨げ、翌日の血圧・集中力・体調など全身に影響し、

生活活動全般にも悪影響を及ぼす場合があります。

 

せっかく運動をするなら、心身ともにより快適・快調になるタイミングを選んで実施したいですね!

 

 

健康のレシピ

2022.10.29健康のレシピ
【皮膚と栄養】285 ちょっと寄り道 『分子調理』 
2022.09.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】アマニを食べよう!
2022.07.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】おいしくカロリー計算
2022.05.24健康のレシピ
【養命酒製造の黒酢レシピ】黒酢サバ大根
2022.05.06健康のレシピ
【健康のレシピ】ドライプルーン
2022.04.27健康のレシピ
【健康のレシピ】酵素
2022.04.25健康のレシピ
【健康のレシピ】宅配弁当
2022.04.21健康のレシピ
【健康のレシピ】ショウガ(生姜)
2022.04.20健康のレシピ
【健康のレシピ】酢・柑橘果汁
2022.04.18健康のレシピ
【健康のレシピ】低エネルギー甘味料
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養